芝桜再生 探訪 伝承 文化財検索

ころり地蔵

増田山満福寺境内の東側に地蔵堂があります。その中にある三体の中央にあるのがころり地蔵です。

江戸時代末期「コレラ」は「コロリ」とも呼ばれ多くの人々の命が奪われた恐ろしい伝染病でした。当地でも「コロリ」が流行し、満福寺付近にあった火葬場(おそらくコレラで亡くなった人を火葬した)の地蔵様(釜場の地蔵様とも呼ばれた)に、コレラにかからないよう、コロリで死なないように、延命と来生への導きを願っていました。本来は延命地蔵ですが、それがいつしかこれを拝むと家族などに迷惑をかけずコロリと往生できると伝えられるようになったものと思われます。

コロリ地蔵の祭日は7月24日です。その前夜には露店もたち、近郷・近在の人たちで賑わいます。また今では商工会が中心となり、おみやげ品として「コロリ地蔵ストラップ」や「コロリ地蔵まんじゅう」が販売されています。

掲載している写真、画像、記事等の転載はご遠慮ください。